肉球グリップ!!

『Vivi Audio 肉球 サムスティック・グリップ(ピンク)』 のレビューです!
(※正式名は全て英語ですが、解り易いように、わたしが勝手に和訳しただけです。)

キャ~~ッ、何コレ、可愛い~~ッ!!!
わたしの、あのただでさえ見た目の可愛いコントローラーが、さらに可愛くなりましたぁ~っ♪

以下の写真で一目瞭然ですが、コントローラーをデコレートする余裕が、まったく無かった事もバレバレですね(笑)。
わたしは普段、携帯ゲーム機の本体や、家庭用ゲーム機のコントローラーを喜んでデコデコとデコレートしておりますが、
最近はずっと余裕が無い感じです……が、このグリップのおかげで、それなりにデコしたっぽくなりましたっ♪




今の所、ぷっくりと浮き上がった肉球デザインの周辺に、汚れは一切付いておりません。
すでに何十時間以上も使用しておりますが、手汗や手垢などでは汚れ難いようですし、良い感じ!
しかもわたしは、良く手に汗をかきますので、そんなわたしですら平気なのですから、コレはオススメしたいですね!!

追記では、商品の詳細や、どこで購入出来るかなどをご説明しております!
何かのご参考になりましたら幸いでございます。

----------------------------------------------------------------------------------------------

ピンク好きなわたしは、もちろんピンク色のを購入致しましたが、他には白、水色、赤、緑色のもあるようです。
Xbox Oneのコントローラーだけでなく、Xbox 360、PS 4、PS 3、PS 2のコントローラーにもご利用頂けるようです。
米アマゾンにて購入致しました。 お値段は、日本円ですと、500円ぐらいですね。

届いた時、巨大な封筒の中に、この小さなコレがポツ~ンと入っておりましたので、封筒の無駄遣いだと思いました(笑)。
いやいや、商品のサイズと封筒のサイズが、まったく合っておりませんよ! アマゾンさんっ!!!




袋から取り出してみますと、こんな感じです。
ピンク色の肉球の部分は立体的で、ぷっくりしております。 デコボコな手触りです。
最初は、肉球が邪魔になるのではないかと想像しておりましたが、まったくそんな事は無く、色々と素晴らしかったです!

クルーシブル中などの時は、ついつい無意識で親指に力が入ってしまう時もあると思いますが、そんな状態でも、
肉球グリップがクルクルと動き回る事はございません。 右スティックのグリップは、プレイ後、たまに少しだけ回転して
いる時もあったりしますが、ほんの数ミリ程度の事ですし、気付いた時に真っ直ぐに戻せば良い為、特には気になりません。

そういえば、裏側の写真を撮る事を忘れてしまいましたが、ポコッとコントローラーのサムスティックにハメるだけです。
ただ、新品な為か、少しキツめでしたので、サムスティックにハメられるまでに少し時間が掛かり、苦戦させられました(笑)。
ニョイーンと引っ張れば簡単でしたが、最初は、わたしの長めの爪で引っ張っては、グリップが破れてしまうのではないかと
心配でしたので、なるべく引っ張らないようにハメようとしておりましたが、それですと無理でした。

結果的に、爪で引っ張ってもグリップが破ける事はございませんでしたので、なかなか優秀な商品と言えます!!
最初に両サムステイックにグリップをハメた時は、その分厚さが、両方の親指には新感覚過ぎて戸惑いましたが(笑)、
数日経って慣れた今、もはや、このグリップ無しでは、FPSやアクション系はプレイ出来なくなってしまいました。
グリップ感が増しましたし、親指がだんだん上の方へと滑って行かなくなった事が、とても有難いです!!




今までですと、手に汗をかきますと、両方の親指が、良くツルツルとサムスティックから滑り落ちておりました。
それで、PvP でも、PvE でも、肝心な時に死んでしまう…という事件も、最近は多く発生しておりました。
ですが、このグリップを装着してからは、そういった事が無くなりましたので、素晴らしいです♪

効果は抜群で、もう手放せませんっ!!!
サムスティックのグリップ感が増しただけでも、こんなにもゲームがラクになるとは思いませんでした!
PvP でも、もちろん PvE でも調子が良くなり、『汗で親指が滑ってしまった瞬間に事故死』も無くなりました。

写真で一目瞭然ですが、こんなにも元のコントローラーのサムスティックが磨り減っていたのですから、そりゃあ、
新品のコントローラーを購入したばかりの頃と比べますと、だんだんと腕前も最悪な感じになって行きますよね(笑)。

…それにしても、何故にわたしのサムスティックは、両方とも、上の方が磨り減っているのでしょうか??
左スティックは右上側が。 右スティックは左上側が磨り減っております。 面白いですねっ!




両方のサムスティックの直接コントローラーに当たる『軸』の部分も、少し削れて来てしまっておりますね。
毎日FPSをプレイしていれば、サムスティックは良いダイエットになるのかもしれませんね(笑)。

皆様のサムスティック類は、どこら辺が磨り減って来ておりますでしょうか?
写真には写っておりませんが、こころなしか、Aボタン、Bボタンも少し磨り減って来ているような…。
わたしの Xbox 360 の頃のコントローラーは、Aボタンの真ん中にクレーターが出来ておりましたし、Bボタンも半分ほど
磨り減っておりましたし、『お前の親指、どんだけぇ~!!』と、周りからツッコまれたのは懐かしい思い出です(笑)。

今からしばらく経ちましたら、肉球グリップも磨り減るでしょうから、その時にはブログにて報告したいと思います。
まあ、その頃にはまた、新しいグリップを購入していそうな予感がしておりますので、その時になりそうですね。

関連記事
スポンサーサイト

※お名前/挨拶/マナーの無いコメントは、読まずに削除されます。


非公開コメント(任意)

インフォメーション



 著作権/Copyright
 このブログ内の文章や画像の無断転載等は厳禁です。
 You may NOT in any way copy, borrow, or alter any of the text or
  images from this blog.

最新記事
カテゴリー (随時追加)
ブログ内検索
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
Xbox系ブログ
リバーシクエスト2 (Oneに移植予定)
人類を無礼るな!!
あいらぶ鈴羽
あいらぶまちゃおみ
あいらぶロロン