Xbox Design Lab 3

ブログのトップ画像がコレに変わりましたので、もうすでにお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
Xbox Design Labにてデザインした『日向カラー』のコントローラーが、ついに届きましたっ!!
お値段などの詳細は、前回の記事にてご確認頂けます。

実際はもっと色が鮮やかで可愛いのですが、写真に撮りますと、色合いが変わってしまいますね。
オレンジ系の黄色ではなく、本当にもう、太陽のような素晴らしい、元気の出るような可愛い黄色なのです!!
バナナ・イエロー。 レモン・イエロー。 キャンディー・イエロー。 …そんな感じでしょうか。




左/右スティックは、本当はもう少しだけ濃い色です。
写真ではコントローラーの真の可愛さが上手く伝わらず、残念に思います。
あと、上の写真ではコントローラーがON状態ですので、ガイド・ボタンが光っております。
決して鏡のように光が反射している訳ではないのです。

結果だけ先に申し上げますと、お値段が高くても、注文して良かったと思えました。
コントローラーの下側には、ちゃんとゲーマータグが、ミス無く印刷されておりましたし♪
可愛いですし、届いたその日より愛用しております。 なんかこう、相棒を手に入れた感じです!

あと実物を手にして思った事は、やはり、Xbox Design Labのサイトで見る色とは、全然違うという事です。
皆様もコントローラーをデザインなさる際には、くれぐれもその点にご注意下さいませ。

追記には写真が大量にございます。 アンボクシング、使用感についてなど。
Xbox 360のピンク色のコントローラーとは色合いが違うピンクですので、ご参考になさって頂ければと思います!

----------------------------------------------------------------------------------------------

ピッタリなサイズのダンボール箱に入って届くようです。
中国で造られてから発送されるようですが、説明書などは英語とフランス語のみで、なんか不思議です(笑)。

Xbox Design Labからのコントローラーの箱は、何ともオシャンティー!!!
写真には上手く写っておりませんが、白と緑の箱のコントローラーの絵は虹色のホログラム・レーザーで
印刷されており、角度によっては色んな色に光り、とても綺麗で可愛いです♪

最近のXbox Oneのコントローラーの箱は全てこうなのか、それともXbox Design Labでの特注品のみなのか?
Xbox Oneのコントローラーは壊れ知らずで、この3年間まったく新たに追加購入しておりませんので、
箱のデザインに変化があったのかどうかは謎です。




箱の裏側。
やはり、コチラ側も虹色ホログラム・レーザーでコントローラーの絵が印刷されておりました。
普通のXbox Oneコントローラーの箱は、全体が緑色の箱ですので、この新しい箱は可愛いと思います♪




ちゃんと電池付き! 親切ですね!
余談ですが、わたしは『エネループ』という電池がオススメです。

この写真のコントローラーの色は忠実ではございませんので、ご参考にはなさらないで下さいませ。
先程も書きましたが、こんなオレンジ系の黄色ではないのです。




3年前のモデルの、通常のXbox Oneコントローラーと一緒に並べてみました。
メニュー&ヴュー・ボタンが、通常のコントローラーよりも突き出ており、押し易くなっております。

実際に使用してみましたトコロ、新品のコントローラーだからか、ちょっと全体的にボタンが固い感じです。
通常のコントローラーと比べますと、左/右スティックもシッカリとしており、グリップ感が増しております。
3年前のコントローラーだからなのか、通常のコントローラーの方は、もうスティック類がユルユルです(笑)。

十字キーやABXYボタン類は特に変わっておりませんが、新品だからか、パキパキッとしております。
パンを軽く焼いてトーストにしたような、そんな感じでしょうか。 LT、RTボタンもシッカリとしております。




ココも変わりました。
なんと!! コントローラーの裏側に滑り止めのようなザラザラが付いており、感激致しました!!
写真では見えておりませんが、黄色い部分にもザラザラが付いており、裏側は全体的にそんな感じですね。
あっ、バッテリー・パックがある真ん中エリアだけは、普通のままです。

フレンド様にお話したら、『それ、もう知ってるし。』と言われ、ガーン!!!
どうやら新型のコントローラーは、全部こうなっているようです……わたしはてっきり、Xbox Design Labでの
特注品のみ、こうなっているのだと思っておりましたので……知らなかったの、わたしだけっ?!

コントローラーをまったく買い換えていなかった3年間もの間、コントローラーは密かに進化していたのですね(笑)。
そうそう、コントローラーの壊れ易さについてですが、わたしと殿方の皆様とでは、コントローラーを握る握力も全然
違うと思いますし、殿方はついつい力が入り、壊れ易くなってしまうのかもしれませんね!




コントローラーの裏側は、こんな感じ。
バッテリー・パックの辺りも、何も変わっておりませんね。

今思ったのですが、LB/RB、LT/RTボタンの部分も写真に写せば良かったですね。
あっ!! コントローラーの下側にある、USBの穴の横に、新たに丸い穴が加わりました。
上の写真でギリギリ見えておりますが、普通のイアフォンも入れられるようになったようです。




Xbox 360のピンク色のコントローラーとの色比べ。
ご覧の通り、まったく違う色合いのピンクとなっております。

Xbox 360のコントローラーの方は、どう見てもライト・ピンクですものね。
Xbox Design Labのコントローラーの方は、ちゃんとした赤系の正当なピンクという感じです。
実際には『レトロ・ピンク』という名前ですが、『バブル・ガム・ピンク』の方がシックリ来たと思います。




あとはコントローラーへの文字印刷につきまして。
黒などの暗い色でコントローラーをデザインなさった場合は、文字の色がシルバー(?)になるようです。
わたしのはボディーが黄色だからか、黄色にシルバーだと見辛い為(?)、濃いグレーで印刷されてありました。
出来れば白、もしくはシルバーの方が良かったのですが、残念ながら、印刷の色の指定は出来ませんので。

ABXYボタン類も、もう少し色を自由に指定出来たらなぁーと思います。
とにかく、そんな感じでして、Xbox Design Labはこの先、まだまだ試行錯誤を続けて行きながら、進化するのでしょう。

やはり、自分の好きな色のみで造られたコントローラーは、手にしているだけで、気合がいつもと違う気が致します。
プラシーボ効果で、ゲームの腕前もさらに上がれば良いなぁ~と思います(笑)。
持っているだけで勇気が湧いて来るような、そんな感じですね!

世界でたった一つだけの、自分のゲーマータグ入りのコントローラー!! それだけで、大分気分も違います。
しかし、コレはまだ未完成で、あとは自分でラインストーンなどを貼って、デコレートしようと企んでおります。
それが終わりましたら、またブログでご紹介するつもりです♪

関連記事
スポンサーサイト

※お名前/挨拶/マナーの無いコメントは、読まずに削除されます。


非公開コメント(任意)

インフォメーション



 著作権/Copyright
 このブログ内の文章や画像の無断転載等は厳禁です。
 You may NOT in any way copy, borrow, or alter any of the text or
  images from this blog.

最新記事
カテゴリー (随時追加)
ブログ内検索
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
Xbox系ブログ
人類を無礼るな!!
あいらぶ鈴羽
あいらぶまちゃおみ
あいらぶロロン